電視乙女の詩

自分勝手なテレビ批評です。『天誅乙女の詩』の姉妹ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャングムの誓い』やっと終わった。

再放送でも見てしまう「チャングムの誓い」。ここんとこ、20時にあわせる生活が続いた。観るのは楽しみなんだけど、正直やっと終わってくれたって感じ。本当に憎い番組である。
スポンサーサイト

テーマ:宮廷女官チャングムの誓い - ジャンル:テレビ・ラジオ

人間改造なりきり…

今回は引っ込み思案の牧師がラスベガスの中古車セールスマンに挑戦していました。最初はこりゃダメだと思いましたが、見事に頑張って成功。いつもながらヒューマンドラマに感激させられます。

M-1とマジックの番組とスケート

今日は見たい番組が多かった。まずM-1。やはりブラマヨがトップになった。ののしりあうような大声とドツキの芸風は好きではないのだが、しゃべくりのテンポと情熱に引き込まれる部分がそれを圧倒してしまう。M-1のような舞台では観客をひきつける情熱が重要になる。うまいコンビでもおとなしめのネタではインパクトに欠けるから比べられると損だ。
BSでやってた世界のマジックもよい。ベガスのショーは豪華で前説もなくただ観ているだけでどんどん進行し、すばらしい芸を楽しめる。マリックは前説が多いカードマジックをよく行うので注意して聞かねばならず、しんどい。
スケートも見たかったがほとんど観れなかった。

『無法松の一生』

名作ですねー。坊とそのお客さんの為に祇園太鼓をたたく姿には感動しました。明治、大正の風俗を交え日本の原風景を見る思いでした。日本映画は'60年代の方が今より優れているような気がします。近頃の映画を面白くしていない点は沈黙した役者を撮る間が長すぎること。現代ものにおいては”現代の若者の屈折を表現する”とかでうっとうしいシーンが多く観ても感動を呼び起こさない。ことがあげられると思う。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

映画 『Shark Attack』 Gyaoでやってます。

Shark Attack で検索すると、このようなサイトが見つかりました。

テーマ:パソコンTV - ジャンル:テレビ・ラジオ

フジ子・へミングのピアノの秘密

奇跡のピアニストと言われています。なぜ彼女のピアノは人々に支持されるのか?Gyaoでやってます。右のピンクのバナーからどうぞ。

ハッスルマニア インリンVs.HG Gyaoで観れるぞ!

こんな面白いもんが只でネットで見れるなんていいですねー。USENは楽天、ライブドア、YAHOO!にさきがけインターネットとTVの融合を果たしました。パチ!パチ!
和泉元ヤの出た試合もやってたよーん。空中もとやチョップを見たい人はどうぞ。試合そのものはお笑いですけど。Gyao右のバナーからも入れます。

テーマ:パソコンTV - ジャンル:テレビ・ラジオ

チェオクの剣まで見れないね、

『チャングムの誓い』集中アンコール放送で2時間やってるもんだから、お腹いっぱいでチェオクまで見れません。視聴率はどうなんかねー。

巨大人食いイカの恐怖

メキシコのカリフォルニア湾で巨大なイカが人を襲うという。その検証番組だった。確かに襲っている。襲われた漁師も証言していた。この海はいろんな巨大生物が多いことで有名である。暖かい気候とプランクトンに関係があるのだろうか?

ETC車と一般車の接触事故

ニュースでやってましたが、減速せずゲートを通過し、本線へ入ろうとするETC車が多いので一般車との相対速度に差が出来、接触事故が発生することが多いと言う。ゲート進入時は時速20km荷落とさないといけないのに守られていないとの事。ハンプを造って進入時の速度を落とさせてはどうかと思う。確かにワタスも料金所から出た時、すぐ横からビュッと回り込んでくる車がいたことを思い出した。ETCを使っている車だったんですなー。あまり高速に乗らないから忘れかけていた。

チャングムがやって来た!

もっと知りたい!チャングムの誓い、チャングムがやって来た!つーのをBSでやってましたね。番組の放映が終わっても更に地上波でも再放送やってますし、BSでも後半が始まりますからねー。今日の『,,やって来た!』のほうを見て実に熱心なファン達がいるもんだと思いました。会場に3200人集まった。名場面上映では涙ぐむ人もいる。確かにこのドラマはよかった!余韻に浸っていたい気持ちも分かるが、ワタス「もう再放送はええわ。」の心境。

初めてチェオクの剣を見ました。

韓国アクション時代劇ということで、『チャングム』とは違った楽しみ方が出来そうです。まだ一回しか見てないけど、華やかさは無いです。チャングムと比較してはいけないですけどね。女性にはあまり人気が出ないのではないかと思う。

巨大スーパーの進出 クローズアップ現代

ジャスコ、イトーヨーカドー等の大手スーパーが多くのテナントを含む巨大ショッピングセンターを形成している。どのような資本でこういう施設が生み出されるのだろう?と思っていたものだ。それは”不動産ファンド”だった。内外の投資家(銀行、保険会社etc.)から資金を集め建設、スーパーが家賃を払う。テナントは家賃をスーパーに払うのでスーパーは本業以外での収入もある。商圏は車で30分の範囲。周辺中小スーパーは当然打撃を受けるから閉店に追い込まれるところもでてくる。問題は車を運転できない人々、行きつけの店が閉店してしまうと生活に支障を来たすのだ。
生活スタイルは必ずアメリカ的になりますなー。商業手法が合理的なるということは物、金、土地、人が大きく動く規模を意味する。

「終りに見た街」の感想

平成時代のある家族が昭和19年にタイムスリップして、結末がどうなるのか、ストーリーの展開に好機と感心を持って観れました。しかし、空襲が始まって「ここら辺はだいじょうぶだ!」から「歴史と違う!」に至り西暦2xxx年に東京に原爆が落ちた場面にオーバーラップし、主人公も逝ってしまう。という終え方はタイムスリップ物の「バック トゥ ザ フューチャー構想」としてはちょっと”期待はずれ”って感じでしょうか。もっと”ヒネリ”が欲しい気がしました。作者としては結末部分が一番難しいところでしょうが、話が盛り上がって来ただけに安直には終わらせて欲しくなかった。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

天誅乙女

Author:天誅乙女
乙女グループへようこそ!

おすすめ

メリタ・アンティークミル・ミニMJ-506 未来型ブロック「IQ-KEY」【女性が提案する健康安心介護の店】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。